急に寒くなりました。

 

 天気予報等によれば本土も急激に気温が低下して、九州南部でも雪が降っているところも有るそうで・・ここ宮古島も気温が低下してきました。

 

 今朝は、最低14.6℃だそうで本土と比べれば暖かい方なんですが・・
 ここに住んで数年もたてば、この気温では相当低く感じ体に悪いですね。

 

 昨夜は24時頃から急に寒気がしてきて、布団は当然使用していますが電気アンカのお世話になったほどです。

 

 朝方の6時頃に最低気温を更新したみたいですが、その時間帯は逆に体がほてっていて「暑い」感じがするほどで電気アンカは蹴飛ばしていたみたいですが・・体の節々が少し痛み、微熱があるみたいで・・風邪の症状かもしれません。

 

 しかしここに住んでいれば、避けようとすれば人混みは避けれるし、店に入っても短時間で済ませるし・・インフルエンザではないと思いますが、まぁ今夜に備えて、今日は午前中は晴れたので、毛布も干して準備万端です。

 

写真は午前9時頃と午後3時頃のいつもの風景です。寒いです。

 


若干涼しくなったかな?

 

 

  10月を迎えて、朝夕は涼しく感じるようになりました。風も北風です。また珍しく夜中に雨が少し降っていたみたいで、降雨は、前回の台風以来です。
 

 しかし日中は相変わらず暑くて・・閉口です。
 昨日の気温、最高32℃ 最低28℃ 天候は、晴れでした。

 

 今年のマンゴーはすべて終了していますが、今は来年に向けて枝を斜め誘引しています。 これをしないと樹勢が強いので上へ上へと伸び一気にジャングルになります。マンゴー栽培は、一年中やることがあるみたいで大変です。
   

   先日、元航空幕僚長をご案内して伊良部大橋、下地島等に行ってきました。
   その時、撮影した写真1は下地島の海、2枚目は下地空港滑走路、大きくて全体を俯瞰するには、管制塔に上らないとわかりづらいです。ここの管制塔は一度だけ上ったことがあります。
 

 明日から3日ほど、この下地空港(パイロット養成用空港)をバニラエアが訓練のため使用するそうです。定期航路かも前向きに検討するそうですが那覇〜宮古空港間だと思います。


 


朝霧

 

 最近「朝霧」について書きましたが、参考までに家から見た「野原岳」方面の写真を掲載してみました。写真1は5月4日午前6時15分頃、写真2は、同17分頃、3は午前11時頃です。


 朝霧については、去年も書いたと思いますが・・宮古島でもこの霧、すごいですね。何を比較しているかというと、昔勤務していた「背振山」という標高約1,000メートルの山「写真」の通勤と同じで、前が見えないですね。
 

 車にフォグランプという補助ランプがありますが点灯してもたいして見えませんが・・対向車の警告にはなるみたいで・・同じ背振山、5月下旬ごろの青葉が眩しい季節の写真です。
 

 マンゴーはハウス内栽培ですが、地表の温度と外気の温度差によってハウス内でも水滴が場所によってはマンゴーにつきます。最後の写真参照
 

 よって露地栽培との違いが、この辺がよくわからないのですが・・ハウス栽培の目的は、害虫対策以外に水濡れ防止だと思いますが・・現実には水滴がつくことがあるので水濡れ防止の意味が?となります。
 

 また害虫対策で動噴霧器により結果、水を掛けているわけで・・受粉効果も薄れるというわけで・・だから未着果の三二マンゴーができるということかもしれません。まぁこんなものでしょう。
 

 


もと通称「アイスクリーム」

 

   写真は家から見た遠景ですが建設中のレーダーステーションです。3枚目は国交省の航路監視レーダーです。
 

 宮古島のレーダーステーション(防空監視所)に、通称「アイスクリーム」と呼ばれていたレーダードームが1個ありました。このアイスクリームと呼ばれていたレーダードームの形が変わり、今後2個になる予定です。以前のレーダードームもともとは6タワーと20タワーと呼ばれ2個ありましたが・・それ以前は?
 

 今後また、なぜ2個になるのか等等レーダーの詳細は、国土国民の安全を守る国防用ですから詳細は知りません。
 

 でわ、防空上、現在はこの島の上空域は未監視かも含めて・・それは代替手段があり、有り得ないという事で、防空上問題はありません。

 またそれ以前に、今現在のレーダーコンソールをも見ていませんから憶測になりますからよく知りもしませんが・・昔は、バッジシステムと呼ばれ、若干機材の操作要領も覚えていましたが、現在はジャッジシステムでさっぱり不明です。

 


 宮古島にはもう一組、国土交通省の航路監視用レーダーがあります。

 宮古島は、沖縄の先島にあたる地であり、それよりさらに西にある、石垣ではなく宮古島にあるということは地理的特性からきているようで、結構この島の位置は、地域特性、空域上防空も含めて重要な地域にある島ということです。しかし最近は与那国島にも小さいながら、防空レーダが置かれたりとかしても宮古島の重要性は変わりません。


国土交通省と防衛省が光で繋がり、航跡情報等を共用すれば効率良い予算の使用になりますが・・
今後建設されつつある形が変わったレドームは、今後どう呼ばれのか不明です。

 


暖かい島「宮古島」なのに寒い・・

 

 住んでいる地域の気温に慣れると、昨夜から早朝の最低気温、約11℃では寒いと感じます。最近の地元新聞の見出しも昨日の最低気温は約何℃と掲載されることが散見され、まぁ島民の多くの方も寒さを感じているのではと思います。
 本土では雪害も有りお気の毒ですが、お見舞い申し上げます。日本列島は長い。
 過去にはなりますがもっと寒い、標高千メートル前後の場所や、時々降雪がある地域に住んでいたこともあり、「雪が深々と降り続き」景色が真っ白に変わっていき、感動を覚えた日々が懐かしく感じるこの頃ですが・・
 今は、あと少しで夏がくるので我慢ですが、やはり寒さより暑さのほうが良いと想うのは今だけかもしれません。
 最近物を書く、想うことが億劫になりつつありなかなか更新できませんが・・少しは考えて見たいと想います。
 写真はいつもの風景ですが、キビ畑の緑に対して、若干空の色が寒々としています。ちょっとピクチャーソフトを変更していますから、ファイルが重くなっているかもしれません。


 

 


| 1/11PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

検索

その他

携帯から見る

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM