空梅雨、盛夏入り間近かな?



「空梅雨に、糖度も上がる、盛夏入り」
 前回も少し書きましたが、今年は空梅雨傾向かもしれません。梅雨入りも遅かったんですが、例年八重山、宮古島地方が走り梅雨傾向に入り、それから梅雨前線が北上して「沖縄地方」に梅雨入り宣言が出されていますが、昨日には九州地方も梅雨入りとのことで・・今年は例年の走り梅雨傾向が無くていきなり「沖縄、奄美地方」が梅雨入りとなりました。よってちょっ違う感じです。
懸案の台風も今のところ発生もせず助かっていますが・・このまま盛夏入りすればマンゴーにとっては大事な日照が得られまた果実もどんどん大きくなりますので、今年のマンゴーは大ぶりが多いかもしれません。
 もしかしたら2個入り1堡△たくさん出来るかもしれません。

 写真の花は庭に咲く「アマランダ」とこちらでは呼ばれている花ですが・・ホテルやレストラン名もあり良くわかりませんが、通年花が咲いていますから観光客が多く来られるところにはたいてい植えてありますが・・花の勢いが強く切っても切っても咲き続ける花です。
 家の前に車を止めて時々写真を撮っていく方もおられる見たいですが・・一応県道沿いにあるとはいえ、この辺は田舎ですから・・わかりづらいと想いますが。

最低気温15.1℃



 昨日早朝記録した最低気温が15.1℃でした。宮古島も一気に冷えてきましたが、本土に比べるとたいしたことないかもしれませんが、ここでこの時期を数年過ごすと、身体がなじみ寒いと感じるようになります。それでも室内は半袖ですが・・暖房は基本的にはまだ要りません。

 ここ最近、宮古島はクイチャー効果が絶大に表れ曇天、雨天と続いており、そろそろマンゴー作業にも影響が出てくるかもしれません。

 昨日、果樹栽培講習会があり、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、シークワ―サー等簡単に流して約1時間、だいたい分かっているつもりだし特に得るものは無く、時間の無駄かと思っていたら、最後のほうにシークワ―サーについて、気になっていた病気について新しい発見がありました。カンキツグリーニング病といいます。細部はこれからです。

 写真は市内で見かけた花が咲く木です。ディゴではないような気がしますが、なんの木か知りません。これも今度調べてみます。
 
 2枚目は朝食時にいただいたドラゴンフルーツの「白」です。このドラゴンは昨年庭の塀沿い植えたものでもう実が着きました。今年はたくさん植えていますから、たぶん来年はたくさん実るでしょう。参考までに苗は、大きくなったドラゴンの枝を切って、それをそのまま植えただけです。要は気温、水はけ等良ければ誰でも簡単に出来ると。花が咲いたら、授粉も蜂が勝手にやってくれます。

走り梅雨



 先日久しぶりの「降雨」がありましたと書きましたが、その後1日だけ日中晴れてあとは「雨模様」の天気が続いています。
 例年沖縄地方は5月9日頃が梅雨入りですからもしかしたら「走り梅雨」かもしれません。
 ちょうど「パパイヤ」の苗を植えましたから少しの降雨は嬉しいんですが、馬鹿みたいに大雨が続くと苗にも影響が出るので少しは晴れて欲しいものです。
 また雨により露地植えトマトの実が割れる現象が発生しますから、トマトも全滅に近いかもしれません。一応雨に強い「アイコ」というトマトもありますが今日見たら少し実が割れています。まぁしょうがないですね。
 写真はエンゼルストランペットです。思い切り枝を落としたんですが今年も綺麗に咲き、香りを放っています。
 2枚目は「東平安名崎」のテッポウユリです。風が強い場所ですから背丈が短くなっています。

三つ葉のクローバ



  先日、畑で草を抜いていてふと見ると黄色とピンクの花がありました。この草花はほかの草より背丈も伸びていませんから抜かなかったんですが、前に抜いた時は、確か球根があったような・・しかし花を見ると黄色とピンクがあり色の違いは当然わかったんですが、なぜ2種類の色が存在するのかと調べていくと葉の大きさが全然違いました。

 黄色は小さい葉で、ピンク系は普通より4倍ぐらい大きい葉です。外来種かな?と思いつつ調べてみると、三つ葉のクローバーは「マメ科の食物」で写真にあるのはカタバミ属のクローバーで主に園芸、観賞用として輸入され今に至っているそうですが、まぁ同じクローバーとしても通用しているみたいですが、四葉のクローバーはこの種では見た事ありません。今度、暇を見て一応探してみますが「葉」が大きいので結構良いかもと思います。あわせてクローバとは花が全然違いこちらのほうがきれいですね。

 三つ葉のクローバーの花ことばは「愛・希望・信仰」だそうです。しかしこれを書いていて怒りが湧いてきました。

 信仰があれば人を殺してもいいんですかと先日発生した極めて卑劣な、人間が起こすとは思えない犯行したイスラム原理主義者には言いたいと思いますが・・私的にはこの人たちは人質を取って「身代金」を要求する「強盗」だと私は思います。何が信仰かと・・泥棒が。イスラム原理主義者とは思いたくもありません。

 信仰があれば人の命を簡単に殺めることはできないと思います。しかし強盗は信仰の名のもと人をだまし、簡単にするということは「オウム真理教」で我々日本人は学んだと思いますが・・いまだ名を変えて存在していること自体、呆れますが・・

 亡くなった方は日本のために働き、無念だったと思いますが、政府が最大限の配慮を計らい日本国内にお迎えできたことだけが何よりでした。本当にご冥福をお祈りします。
 私的には何が反原発か、代替エネルギーも確保できていないのに、こうやって日本のエネルギー確保のために人が死んでいるんだともいいたい。こういう時に左巻きの人は憲法9条があるし・・とかわけのわからないことを言うのか知らないふりするんですね。最低

 自衛隊法53条に「服務の宣誓」があり、具体的に施行規則で隊員の服務の宣誓文があります。
 「私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて専心職務の遂行に当たり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえることを誓います。」とあります。

 隊員は服務の宣誓をして入隊し「事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえることを誓います」とありますが実際の勤務でこの宣誓が試される局面はほとんどありません。ただし航空戦闘機パイロットはいつもこの局面に晒されていることを忘れてはいません。

 正直に書くと私自身そういった局面に当たったことはありません。これは会計という特技故かもしれません。しかしイラク特措法関係で航空自衛隊がクエートに派遣されたとき、その時の任務(職務)の関係で、派遣にあたり希望調査をお前がやれということになり実施しました。もちろん無記名ではなく有記名です。

 調査は簡単なもので・・派遣を命ぜられたら行く。命ぜられたら行きたくないが命令ならばやむを得ないから行く。行きたくない。の3点でした。命ぜられたら行く、行きたくないが4名程度で、総数は80名程度だったと思いますが、圧倒的には命ぜられたら行きたくないが命令ならやむを得ないから行くでした。

 この辺から普段からの心構えができていないというか、違和感を覚えたのは今でも覚えています。国家国民のために、入隊したんではなく・・仕事先として自衛隊を選んでいるのかと・・入隊時はそれでもいいんですが入隊から空曹に昇任し、それなりに経験し、年月も経ち、当然分別もわかっているはずなんですが・・また幹部自衛官も同様な回答でした。特に定年前ならそれも良しとしても・・若年の幹部がそれですから・・まぁ士気が低いというかやる気の無さにはがっかりしました。口先では勇ましいことを言ってもその当時はその程度です。今はどうなんでしょうか。
 それでもこの回答結果は公にはされていませんから、要は後からそういう調査をしないようにということでお蔵入りで結局、回答は私だけが知っているということです。

 集団的自衛権を認める際には、イラク派遣の髭の隊長「佐藤参院議員」が自衛官に、それでも自衛官として働くのか再度問い直すべきだという記事を読んだ記憶があります・・確かに多種多様な任務形態等がまし、それは入隊時想定しなかった場合は、再度本人に確認しその覚悟がなかったら退職してもらったほうがましですね。

 一人でも任務に対して不平不満を持つもは弊害ですし、また200人に一人いるかいないかの特殊な特技で、・・上司を欺き自分で組織を動かそうとする者を「昔々、○空○○と呼ばれていた」排除しないとダメでしょうね。今もこの時の悪い人いますよ。指揮官が知識がない、幕僚も知識がないからいいなり、曹の立場で以下自粛します。
 まぁ組織の長やその幕僚は長のため「勉強」しろと。

 今日は、かなりはずしましたがまぁ強盗とか、自分勝手に組織を動かす人には、天罰は下るんでしょうね。


にんにくかずら



 写真は最近咲き始めたにんにく蔓の花です。本来今の時期には咲かないと思いますが台風の影響で葉が飛ばされ、危機から咲いたと思いますが・・まぁ樹は正直です。
 この樹は熱帯地方で栽培というか、かってに大きくなる樹で、沖縄では垣根等に利用されているみたいです。

 今の時期は花が少ないので何でも咲いてほしいものですが・・さてこの花の花ことばを調べると「個性的」ですが今、NHKの朝ドラを偉そうに評価するつもりはありませんがこの個性的が当てはまると思います。変わっていると個性的は意味が違います。

 個性的がこのドラマの汚い部分を振り払えるほどこの花には清清さを感じています。この花はドラマで例えれば「愛」らしいかも。あとは「純」がそれを疑いせず信じればいいかもと想う今日かな。このドラマ最後はハッピーエンドで終わると思いますがこの個性的な能力がどのようになるのかが見ものです。
 しかし今日のテレビ放映ではこの個性的な能力を麻雀で発揮してお金を得たという場面は本当にがっかりしました。まぁ物語ですからこのような場面もあると思いますが・・もしこのような能力があれば人の為に生かして欲しいものです。

 宮古島は今日は曇りで、昨日は雨模様、おとといに引き続き畑は天候次第です。昨日は午前中は休みでのんびりしていました。まぁ天気も晴れたり雨が降ったりと人生と同じで、何を苦労してまで畑仕事するのかと想います。
 この天候でカッパを着てまで作業するのは訳があると思いますが・・その訳を見いだせないから、訳が苦労につながり人生においては苦労が病気につながるのでは、そして病気が重くなり自分を無くしていくのでは、もう畑仕事はしたくない・・と思うような状況にならないように注意です。

 しかし写真のように「花」は毎年咲き続けるわけですから「花」のようにいつまでも個性的に自分を持ち続け、生きていくのが人間の宿命であり、これが天命でしょう。あとは運命、宿命の世界ですから日々しっかりと自覚すべきでしょう。
 人間年を重ねるとちょっと弱気になるものだと思いますが人それぞれでしょう。私的には意識が無いとかロボットみたいとか言われ、ベットに寝かせられてまで生きたいと思いませんがまぁこれも人それぞれでしょう。日本はお年寄りの人口割合が増加していますので、働けるお年寄りには毎日元気に働いてほしいものです。若い人もそれなりに働きましょう。 


| 1/6PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

検索

その他

携帯から見る

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM